腎臓病末期の猫と過ごしています。好きなものを食べさせています。

腎臓病末期の猫 病気
スポンサーリンク

腎臓病末期の猫と過ごしています。好きなものを食べさせています。

 

 

好きなものって言っても、猫に与えられるものだけですけど。

6キロあった男の子だったんですけど、今は2キロ以下になっています。

 

腎臓病末期の猫

 

獣医さんもも口をつむぐほど、数値が良くないんですよね。

 

2週間、免疫が下がって肉芽腫みたいな症状が唇にでました。

よだれが出て、腐敗臭みないなニオイがして、胸にそのよだれがついていたりしていました。

口をふこうとするとすごく嫌がります。

抗生物質(アモキシシリン)をあげるとすぐに落ち着きました。

唇が溶けてる感じでした。

そのよだれをつけたまま、前足に顎をつけると、今度は前足が炎症を起こしていました。

この時は今日、もしかしたら明日なくなるかもと思っていました。

 

 

今は落ち着いて過ごしています。

食欲は落ちてきたんですけど、でも「食べたい」と言って来るので20歳の子が食べる用のウェットフードをあげています。

腎臓病なので水をたくさん飲みます。

 

ロイヤルカナンの腎臓サポート用のパウチも買ったのですが、美味しくないらしく私の子は全然食べませんでしたね…

無理に延命治療をすることはないので、美味しいものを食べて欲しいと思っています。

 

食欲が前ほどはないですけど、「食べたい」という気持ちがまだあるのと、

「美味しい物と美味しくないもの」を見分けながら食べているので、明日はどうなるか分かりませんがまだ一緒にいれそうです。

 

タイトルとURLをコピーしました