ひっくり返って寝る猫!こたつで低温火傷をしないように注意!

私の家の元野良猫2匹です。 病気
スポンサーリンク

ひっくり返って寝る猫!こたつで低温火傷をしないように注意!

私の家は人間の使うこたつを猫用のこたつにしています。

火傷してはいけないのでヒーターの部分を取り換えてワット数を下げたものを使っています。

 

この画像の猫2匹はいつも一緒にいるような気がします。

小さい左の三毛猫は今年の1月の上旬に捕まえた子です。

なんだか外が騒がしい!えっ、小さい野良猫がいるみたいだけど…
なんだか外が騒がしい!えっ、小さい猫がいるみたいだけど…今日のことをお話したいと思います。私はいつもこういう感じで猫を捕まえて病院へ連れて行っています。なんだか外で猫の弱めのケンカの声がする!家のリビングで作業をしている...

 

右側の子は男の子です。

去年捕まえた子です。

この子は縄張りが定まっておらず、どうも追い回されていた子です。

うまく捕獲することができました。

 

その時に、ダニが何百匹と付いていましたね。

この子がごそっと動くたびに5匹ぐらいは落ちました。

それを私はガムテープで取りました。

猫の薬アドボケートとマイフリーガードα

捕獲したら、すぐにアドボゲートを付けます。

これは動物病院でしかもらえません

これに効かないダニがうじゃうじゃいました(´;ω;`)

マイフリーガードαをしたら1日で、一瞬でいなくなりました。

 

あれ、どこいったんだろう?

という感じで消えました。

 

野良猫で満足に食べれないのに、あんなにダニついていたら貧血になると思います。

ちなみに全部のダニがこの子の血を吸って、潰した時にどす黒い赤色を出していました。

 

アドボゲートの説明書を見つけました。

発売元はバイエル薬品株式会社です。

お腹の虫にも効きます。

https://www.maff.go.jp/nval/tenpu/003/pdf/nvaladvocatecat.pdf

 

タイトルとURLをコピーしました