猫に食べさせてはいけないもの!異変があれば病院へ!

茶色い私の猫ウリエル 猫の豆知識
スポンサーリンク

猫に食べさせてはいけないもの!異変があれば病院へ!

猫が食べてはいけないものリスト

タマネギとニンニク

これらに含まれるスルホキシドとジスルフィドは赤血球を分解し、貧血を引き起こす可能性があります。

猫がニンニクを食べると、嘔吐、呼吸困難、下痢、歯茎が蒼白になることがあります。

これらの症状に気づいたら、すぐに猫を獣医に連れて行ってください。

生卵と生肉

猫が生卵または生肉を食べると、サルモネラ菌または大腸菌が発生する可能性があります。

症状には、嘔吐、下痢、嗜眠などがあります。

 

さらに、生卵は猫の毛や皮膚の問題の原因にもなります。

皮膚に症状が特に出やすいです。

チョコレートおよびその他の高カフェイン物質

チョコレートには、猫に有毒な化学物質テオブロミンとメチルキサンチンが含まれています。

これは、血性の嘔吐、下痢、高血圧、発作、その他の呼吸器系の問題など、多くの危険な症状を引き起こす可能性があります。

アルコール

どんな量のアルコールも、微量を含めて、猫にとって非常に有毒です。

小さじ2杯でも猫の肝臓と脳を一瞬でダメにさせてしまいます。

症状には、昏睡と死。

生のパン生地

生のパン生地は猫にとって非常に危険です。

牛乳

一部の猫は牛乳を消化できますが、猫に牛乳を提供しないことをお勧めします。

ほとんどの猫は子猫として母乳を飲んでいますが、年をとるにつれて、ほとんどの猫は乳糖不耐症になります。

牛乳は消化器系の問題を引き起こす可能性があり、猫は下痢や嘔吐をする可能性があります。

ブドウとレーズン

ブドウとレーズンは猫にとって非常に有毒であり、サイズが小さいため、猫から遠ざけることはおそらく最も困難です。

微量レーズンでさえ、猫に深刻な健康上の問題を引き起こす可能性があります。

ブドウやレーズンに含まれる化学物質は猫の免疫システムを攻撃し、腎不全を引き起こす可能性があります。

症状として、嘔吐、下痢、嗜眠、胃の痛み、尿の問題などの症状が現れます。

猫がブドウやレーズンを食べた疑い​​がある場合は、目を離さないでください。

症状が現れた場合は、すぐに獣医さんに診てもらった方が良いと思います。

その他

猫が食べるべきではない他の有毒な食べ物には、グリーントマト、ジャガイモ、ガム、マグロ、骨、アボカド、ドッグフード、肉の肝臓が含まれます。

猫が食べてはいけないもののまとめ

猫はたべてはいけないものがたくさんあります。

食べ物良いものだけを知って、食べさせていくのが一番良いと思います。

タイトルとURLをコピーしました