【キャットロボット修理】青い点滅したり、高速で黄色い点滅したり

Featured Video Play Icon猫用品
この記事は約5分で読めます。

キャットロボット修理、セルフ修理出来ました!ゴミ感知のセンサー交換11000円!

 

 

キャットロボットがとうとう壊れました。

 

青いランプがついたり(ゴミいっぱいのサイン)、

真ん中の黄色いボタンがゆっくりではなく高速で点滅したり…

 

キャットロボットを修理しないといけないなぁ…

 

 

スポンサーリンク

私は 2018年3月20日に購入!4年は壊れなかった!

キャットロボットを購入して1年で不具合が出たという人もいますけど、私の場合は何のパーツも交換せずに4年は使えました。

 

ご存じの通り、私の家には猫がたくさんおり、

いろいろなトイレをたくさん置いてありますけどキャットロボットは結構人気です。

 

365日24時間稼働させて、4年パーツを変えずに使えたのはすごいことだなと思いました。

 

そんな素晴らしいトイレが壊れ困りました。

代理店に送るのも返ってくるまでに時間がかかるかもだから、自分で直そう。

 

電気とかに全然詳しくないド素人の私。

 

 

キャットロボット青いライトが点滅、ある時は黄色いライトが高速で点滅

どこが壊れてるのかな?

何を交換すればいいのかな?

 

私の場合はこんなエラーでした!

 

引き出しの中のゴミを取り除いても、

ゴミを感知するセンサーの部分の透明プラスチックを拭いても青い点滅。

 

コンセントを15分ぐらい放置して放電。

再度コンセントをつけると、高速で黄色のライトが点滅。

リセット押せば一応青いライトになりスタンバイ

一回回ると青色点滅し続ける。

 

私はキャットロボットはOFTで購入しました。

青点滅、黄点滅の説明はこちらに対応が書かれています。

ご参考にどうぞ。

(OFTのアフターサービスは2022年11月に終わりますので出される方はお早めに)

キャットロボット Open Air
OPEN AIRキャットロボット Open Air ※→ 「キャットロボット Open Air」は2022年11月30日(水)に修理・クリーニングのサービスが終了致します。 目次 ・青色ランプが点滅し

 

 

「ゴミ感知センサーが悪いんだろう」と判断し、ロボショップでパーツ注文!

パーツの手入れをし、改善を期待しましたが結果が得られず。

ゴミを感知するセンサーが悪いのだろうと判断。

パーツを頼むことにする!

 

キャットロボットを分解した時、このサイトの③④の鉄のパーツがゴミだらけだった。

錆びついてる気がする…

黄色ランプが点滅している(高速点滅)
OPEN AIRキャットロボット Open Air 黄色ランプ点滅(高速点滅) 挟み込み防止センサーを確認しましょう 砂で固めた排泄物が通る穴には、挟み込み防止センサーが設置されています。ここが作動し

 

 

 

私は挟まり防止ピンとDFIハードウェアを購入することに、11000円でした!

 

 

 

この時、実は挟まり防止ピンの事がいまいちよく分かってなかったのですが、

錆びているのは見えたので買ってみたんです。

(今思えば、一緒に注文していてよかった,トップ動画1分30秒のところに出てきまう)

 

 

キャットロボット修理をしてみて、注意点とか

ロボショップさん発送がものすごく早く次の日の朝には届いてました!

 

 

体力と気力がいる

これは間違いない。

私は女一人で交換しました。

 

長年の汚れなどが出てきたり、持ち上げたり、ねじ回したり、ひっくり返したり…

細かい作業が多くて結構神経を使いました。

 

 

長いドライバーは用意しておいて!

分解する時に奥の方にネジがあるんですよ。

手のひらサイズのかわいいドライバーは届きません。

ない方は100均で棒の部分が長いドライバーがあるのでそれを用意しておいてください。

 

 

最初はセンサーから交換した方がいい

ロボショップから資料を貰いましたが、これは最初からボタン部分のカバーを外すとパネルや歯車部分がむき出しになり、作業がしにくかったです。

 

キャットロボット修理説明書

キャットロボット修理説明書

 

猫砂研究所さんの手順で交換した方がいいです

キャットロボットオープンエアーが故障!青ランプ点滅を自分で修理する方法 | 猫砂研究所
キャットロボットオープンエアーの排泄物トレーを空にしても「ready」の青ランプが点滅してドームが回転しなくなったので自分で修理してみました。メーカーで修理する場合は2万円の修理代と1週間前後の日数がかかりますが、自分で修理すれば1万円の部品代だけで済みます。修理時間はたった1時間でした。

 

 

キャットロボットの挟まり防止ピンって何?

キャットロボット挟まり防止ピンって何?

この画像に赤い部分がありますよね。

これはDFIハードウェアの末端なんです。

 

この末端を挟まり防止ピンに刺している状態です。

 

私のようにキャットロボットを4年間使いっぱなしの人は、ココの部分が錆びついている可能性が高いです。

DFIハードウェアと一緒に挟まり防止ピン買っておいた方がいいと思います。

そしたら、一緒に交換できるので。

 

 

写真を取り位置確認した方がいいかも

どうやって入っていたっけ?

どういう向きだったかな?

 

ということが多々ありました(私の場合)

なので、ネジを緩めてカバーを外した時などはスマホで写真を取りながらした方がいいかもしれません

 

 

まとめ

一人でも交換できました。

修理して動作確認しましたが、完全に直りましたよ。

猫のトイレ掃除がお陰様で元通り楽になりました。