野良猫を捕まえたら、最初に病院へ連れていきましょう!

私の猫です 猫の飼い方
スポンサーリンク

野良猫を捕まえたら、最初に病院へ連れていきましょう!

野良猫を飼おうと決めた!

でも、最初に何をすればいいの?

今回は野良猫を捕まえたらどうすればいいのかをご紹介いたします!

まずは、病院へ連れていきましょう!

連れていく前に動物病院へ事前に電話しましょう!

野良猫を受け入れない動物病院もあるようなので事前に電話をして状況を伝えましょう!

嫌がる病院もあるようなので気を付けて下さい。

 

私の場合は、「大暴れする野良猫でも連れてきたら診療します!」と言って下さる獣医さんがいます。

安心して連れて行ってます。

 
【私がいつもしていること】
妊手術、去勢手術の予約
ウイルス検査
ワクチン接種
歯の状態の確認、虫歯なら抜いてもらう

(暴れる子を何度も連れていくのは大変なので)

 

どうやって連れていけばいいの?

暴れない猫の場合

生まれて間もない子猫なら段ボールにでも入れてそのまま連れていきましょう。

(少し大きい子は飛び出すかもしれません!)

 

成猫でも暴れず簡単に捕まえれるようなら洗濯ネットに入れて連れていきましょう

ペットを入れるケースがある方はそれを使いましょう。

 

暴れる猫・成猫の場合

子猫でも少し大きくなればも猛獣のように暴れます。

かわいい容姿、かわいい声に騙されないように気を付けて下さい!

 

ケージに入れて捕獲した場合はそのまま連れて行った方がいいと思います。

その際に、隙間から牙や爪で攻撃されないように気を付けて下さい!

 

病院で最低限してもらいたいこと!

ノミ・ダニ駆除の薬を出してもらう!

診察代は別として、ノミ・ダニ駆除の薬代は1500~2000円ぐらいだと思います。

猫の大きさや取り扱っている薬より金額が多少異なります。

又、その猫についているノミ・ダニの種類により効く薬と効かない薬があります。

猫の薬アドボケートとマイフリーガードα

私の家はアドボケート(お腹の中の虫予防にもなる)を使っています。

これに効かないダニがいた時があります。

その時はマイフリーガードα使いました。

両方病院で処方してもらっています。

 

薬は首の後ろに付ける液状タイプの薬です。

この薬はその日のうちに効きます!

 

※ホームセンターのものは全然効きませんのでご注意ください!!

(無駄なお金は遣わないように!)

不妊手術・去勢手術をする!

家で飼うのであれば、不妊手術と去勢手術をした方がいいと思います。

 

メスは発情期になると、とても大きな声で一日中鳴きます。

夜もずっと鳴き続けます。

 

オスであればマーキングするために家の中でオシッコをかけ始めると思います。

去勢をするとしなくなります。

ケンカもせず、大人しくなります。

家に入れて捕まえれた!暴れて病院へ連れていけない!

 

病院へ行かせないといけないのはやまやまです。

でも、家に入れたのは良いけど近づけなくて病院へ行けない!

 

私も経験ありました。

落ち着くまでそのまま飼ってあげて下さい。

馴れてきたらネットに入れて連れていけばいいと思います。

 

でも、ひとまずノミ・ダニの薬だけでも貰えないか病院の先生と相談された方がいいと思います!

診察しないとお出しできません、と言われた場合は楽天かアマゾンで猫用フロントラインプラス購入して下さい。

 

※ホームセンターなどのものは効きませんのでご注意ください。

病院選びは大切!

 

捕まえましたら、とにかく病院の先生と相談してください。

これからその子がお世話になるかもしれない先生です。

嫌だな、と思う先生の所へは連れて行かない方がいいと思います。

 

設備の古い病院もあります。

そういう病院もいかない方がいいと思います。

 

動物病院の値段はきめられていません。

同じ治療なのに値段が全然違うこともあります。

 

その子の為にも良い病院を見つけてあげて下さい。

値段の安い病院がいいわけでも、高い病院がいいわけでもありません!

若い先生の病院の方が新しい技術を取り入れていたり、勉強している可能性があります。

一概には言えませんが、、、

まとめ

 

野良猫を捕まえたら、病院へ連れて行ってください。

それでは、まとめておきます

・野良猫を捕まえたら最初に病院へ行く!
オスなら去勢手術メスなら避妊手術をする
ワクチンを打つ!
・病院へ行けそうになかったら、ノミダニの薬だけでも病院へ貰いに行く!
・病院でノミダニの薬が買えないならネットで猫用フロントラインプラスを購入する
病院を見極める!
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました