オス猫同士のケンカでできた猫の首のケガは3,4カ月治るのにかかる

けりぐるみを枕にして寝る猫 病気
スポンサーリンク

オス猫同士のケンカでできた猫の首のケガは4カ月治るのにかかる

 

私の経験になります。

このお話は何回かお話しています。

エビを枕にして寝ているのがタインタインちゃんです。

 

猫のその状態やケガの大きさによると思いますけど、私の家のタインタインちゃんは首の傷が治るのに4カ月ぐらいかかりました。

今ではちゃんと白い毛も覆われて分からなくなっています。

あの時はまさかこんなに治るなんて思ってもみませんでした。

 

オス同士のケンカの傷って小さいはずなんですよね。

最初から直径10センチになるわけないので。

徐々に徐々に大きくなっていきます。

 

タインタインちゃんは半年間首に大きな生傷を見せながら外で生活をしていました。

たまたま良いタイミングで捕まえることができました。

 

病院へ連れて行って、去勢手術、歯の検診、首の傷を見てもらい、ウイルス検査とワクチン3種をしました。

抗生物質を10~14日分ぐらい貰ったと思います。

 

首の傷は

・抗生物質を飲ませる
・栄養のあるものを食べさせる
・環境の良いところで育てる

でした。

縫い合わせるとか、そういう治療はしていません。

 

最初はとにかく、傷口から汁?、体液が出るんですね。

ブラケットの上に柔らかいから喜んで座るんですね。

首をブランケットに擦り付けながら。

 

お水ではないので、この体液は独特の臭いを発していました。

毎日ブランケットを洗って生活をしていました。

1カ月以上はこの体液が出ましたね。

 

そうすると、だんだんと体液も出なくなり、首の肉が丸見えだったのがピンクの皮膚で覆われ始めました。

これが4カ月ぐらいですね。

白い毛が生えて分からなくなるくらいになるのはもっとかかります。

 

野良猫で首の傷がだんだんと拡がっている子を見かけた場合。

その子はおそらくその猫の首の傷は治らないと思います。

 

家の中でゆっくり生活をして、栄養のあるものを食べさせてやっと4カ月です。

あと、傷のある子は抗生物質は必要だと思います。

 

この条件が揃わないと命を落とす可能性が大きいと思います。

 

タイトルとURLをコピーしました