大人の猫は人間に懐かない?小さな猫なら人間に懐いてくれる??

私の子猫猫の飼い方
この記事は約2分で読めます。

1月上旬に捕まえた子ですが、この子は普通に警戒心が強いですね!

「大きい猫は人間に懐かない!野良猫ならなおさら駄目だよ!小さい猫ならすぐに懐くよ!」

 

この言葉は当てになりません。

その真偽をご紹介いたします!

スポンサーリンク

1月に捕まえた猫2匹の様子

オスよりもメスの方が警戒心が強かったりします。

1月上旬に捕まえた子です。

家の2階に拠点をおく猫連中とは仲良くしており、一緒に走り回っています。

ダダダダダダっという激しい音が1階にいた時にも聞こえます。

狭い場所で一緒にひっついて寝ていたりもしています。

ただ、人間の私には強い警戒心があります。

 

昨日の夜に撮影した写真です。

目をばっちり開けてこちらを見ています。

1mぐらいは近づいても大丈夫ですが、それ以上近づくとすぐさま逃げます。

耳を横へ倒して警戒します。

すぐ逃げる体制を作っています。

私の子猫

 

一方、私が1月下旬に捕まえたオス猫です。

私の猫

なでてくれ、なでてくれと目の前にいます。

机の上が毛だらけです。

 

お腹を見せて転がっています。

楽しそうに転げまわっています。

先住猫に威嚇されても全く気にしていないでころがりつづけます。

威嚇している私の猫

この姿が懐かしいですね。

まとめ

猫が慣れるか慣れないかはその子の性格にもよります。

大きくてもすぐ慣れてくれる子と小さくても慣れない子がいます。

 

慣れない子でも数年単位で、長い目で見れば仲良くなってくれるのかなと思います。

私のように猫を他にも飼っていたら、疑心暗鬼になっている子も心を開きやすいと思います。

 

この文章を書いている時も2回で猫が走り回っている音が聞こえていますね。